◆InterBEE2017出展レポート

P1150140-1.jpg 

11月15日から17日にかけて、『Inter BEE 2017』へ出展してまいりました。

今回はそのイベントレポートをご報告いたします。

■ 展示全体の感想

巷では「16Kの映像」という話もポツポツ聞きますが、イベントを見回しても4K8Kが殆どで、16Kはまだまだないといった状況でした。

映像機材や周辺機器が非常に充実しており、今後のVR機材の発展を考える良い場となったと思います。また、VRコンテンツの音声収録はまだまだ弱いと感じていますが、VRを意識した収録機材が何件か見受けられました。 VRの映像は現状4kが標準化され、機材も段々と充実してきていますが、今後は音響機材の充実もコンテンツのクオリティーアップを考えると必要となるなと感じた次第です。

 

■ VRの出展物について

数はそこまで多くありませんでしたが、会場全体に撮影機材の出展があり、そのほとんどが、「ストリーミングの配信システム」を基本ソリューションに含んでいました。基本ソリューションの中にはどこもリアルタイムのステッチングを自動化して実装されていました。

aw-360c10.jpgその中で特に目を引いたのは、パナソニックの『AW-360C10』で、こちらはリアルタイムのステッチングが、「対象物のつなぎ目を自動認識して、つなぎ目のない映像を生成する」というもので、

同じ方向であっても対象物への距離の差によって発生するズレも解消しており、非常にキレイな映像の出力が行えていました。

勿論、ストリーミングの配信システムとの連携をシステムに組み込まれていた為、当分の間の目指すべき目標はここにあると思える完成度となっていました。

 

なお、当社でもリアルタイムのライブ配信はテストは実施しております。 まだまだ回線の速度という問題が大きい状況ですが、あと2年程で、5Gの普及でその問題も解消する見通しですので今後はストリーミングの配信システムの重要性が上昇すると想定しています。

 

■ IDEALENSを体験していただいた感想

P1150159.jpg 普段、VR以外の映像領域で、4K以上の高画質を取り扱っていらっしゃる方々が多く、VR業界に向けた画質向上への期待のお声は非常に多かったものの、一体型VRゴーグル「IDEALENS K2+」を体験していただいた感想としては、『映像を使ったよい体験を提供できる』といった評価を多くいただく事ができました。

また、VRには興味があって今まで何機種かのHMDを試した事がある方々も多く、今回始めて「IDEALENS K2+」を触ったとの人も多くいらっしゃいました。 中でも多くの方から「確かにこれは装着しやすい。面倒さがない。」との評価を多く頂き、「IDEALENS K2+」の装着感の優位性はダントツであることを再認識できた次第です。

結果IDEALENS K2+」は非常に使い勝手がよく、様々なビジネスとの相性が良いデバイスという事を実感致しましたので、「VRゴーグルをもってどのような体験を提供するか」という部分に引き続き力を入れていきたい次第です。

 

■ 最後に

今回の展示会では、ビジネスレベルの『撮影機材』『配信システム』が一般化してほぼ揃いつつある事を感じ、通信インフラも時間の問題という状況が確認できました。 VRの市場が全体として次のステップに入る事は明白な為、「どのような体験を提供するか」がより一層重要になると考えています。 是非、御社のビジネスに一体型VRゴーグル「IDEALENS」をご活用いただけますと幸いです。 なお、開発用以外にもIDEALENSのレンタルプランや、 イベント運用をサポートするアプリケーションもございますので、ご検討の際は下記よりお問合わせいただけますと幸いです。
{{cta('48cbc5ef-2469-4b18-9bb4-5aea6a464bd0','justifycenter')}}

 

TOP