◆【導入事例紹介②】工事現場の安全教育編

皆様、こんにちは!

今週も引き続き、当社を通して実際にVRを導入していただいた事例を紹介して参ります。

今回は、工事現場での安全教育に関するケースです。

事例紹介②-1

■工事現場作業員向けの安全教育が抱える課題

・ビデオ教材では臨場感に欠け、危機感の醸成・知識定着率が低い

・実演形式だと、受講人数に限りがある・または遠方から受講者が来る場合交通費がかかる

■導入のメリット

・VRを通して、一人称視点で臨場感のある危険体験を提供することが出来る

・全国各地で、同じクオリティの安全教育を提供出来る

・コンテンツの入れ替えも容易

・ご要望に応じて、視聴履歴等データの蓄積・分析も実現

■コンテンツ内容の一例

・一人称視点での危険体験

 -命綱をしていなかったせいで足場から落下する死亡事故

 -安全確認を怠り、死角にいた作業員をロードローラーで轢いてしまう事故 etc

・クイズ形式のコンテンツ

 -安全確認すべき点をクイズ形式で出題し、受講者の視線で判定

 -正解・不正解に応じたストーリー分岐(不正解だと事故が起こる)

 -コンテンツ終了後の評価判定、習熟度のフィードバック etc

・ディスカッションの導入として使用

 -インシデントやヒヤリハットを360°動画などで体験してもらい、

  問題点のディスカッションに繋げる etc

■当社の強み

・各種オプションツール(複数端末同時再生アプリなど)を併せてご利用いただくことで、

 集合教育への対応も可能、VRに不慣れな方でも簡単に操作していただけます

 

工事現場や建築現場での安全教育は、今特にニーズが増えてきており、盛り上がっている分野です!

実績として企業名をお出し出来ない場合も多いですが、当社でサポートさせていただいた

導入事例も増えております。

ぜひ一度、お気軽に資料請求・お問合せくださいね♪

{{cta('48cbc5ef-2469-4b18-9bb4-5aea6a464bd0','justifycenter')}}

TOP