◆東京国際映画祭 初のVR作品にてVRゴーグル「IDEALENS K2+」が活用

Seppia-DolphinManVr_Fabrice_Schnoller.jpg

All copyrights are SEPPIA.  (c)SEPPIA

 

1028()に行われます、第30回東京国際映画祭の特別招待作品『ドルフィン・マン ~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』の公式上映時に、当社提供の一体型VRゴーグル「IDEALENS K2+」が鑑賞用端末として50台ご活用いただくことになりました。 VRでの映像鑑賞は同映画祭でも史上初めてとされ、大迫力な水深100mの世界を疑似体験していただけます。   Jacques Mayol 1960s.jpg 『ドルフィン・マン ~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』は、WOWOWがフランス、ギリシャ、カナダなどと国際共同制作したオリジナル長編ドキュメンタリーです。 リュック・ベッソン監督の映画『グラン・ブルー』の題材ともなった伝説の素潜りダイバー、ジャック・マイヨール氏の波瀾万丈な生涯に迫っております。 『グラン・ブルー』で主人公を演じたジャン=マルク・バールが今作ではナレーションを担当しており、さらに公式上映当日は来日した本人による舞台挨拶も決定しております。 こちらの公式上映後に『ドルフィン・マンVR - DIVE』というVR映像をお楽しみいただくことができ、普段は見ることのできないプロダイバーの視点で圧巻の海の中の世界を味わうことができます。 (写真: Mayol family archives) ご活用頂く一体型VRゴーグル「IDEALENS K2+」は高解像度ディスプレイを搭載し、PCやスマートフォンを必要としないVRゴーグルです。 眼鏡をかけている方もそのまま見ることができたり、髪型の崩れにくい抜群の装着感ですので、アミューズメント施設や博物館、各種イベントや展示会、ビジネスホテルや安全教育など多くの場でご活用頂いている、ビジネスに最適なVRゴーグルです。
======================================
『ドルフィン・マン ~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』上映
『ドルフィン・マンVR - DIVE』鑑賞会
======================================
【本編】特別招待作品 :  『ドルフィン・マン ~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
監督:レフトリス・ハリートス
出演:ジャック・マイヨール、ジャン=マルク・バール、ドッティ・マイヨール、ジャン=ジャック・マイヨール ほか
本作品にはジャック・マイヨール本人の映像が随所に登場。実子、写真家ら彼と交流のあった人たちや彼に影響を受けた現役のトップ・ダイバーらが証言する。そこから見えてくる知られざる素顔や、人生に落とした影、日本との強い絆を通して、彼が生涯をもって人々に伝えたかったことを“深く”探っていく。ナレーションは『グラン・ブルー』で主人公を演じたジャン=マルク・バール。
 
【VR作品】 『ドルフィン・マンVR - DIVE』(上映:6分間)
ジャック・マイヨールが愛した深遠な海の世界を“疑似体験”できるVR作品。ジャックの足跡を世界トップのフリーダイバー、ウィリアム・トゥルブリッジの姿を通して描いた映像。4分以上に及ぶ究極の素潜り体験が共有できる。ウィルの身体を通してジャックがその目でみて感じてきた水深100mエリアという、深遠な世界を体験する。
【日時】2017年10月28日(土)上映開始 16:10
【場所】TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン3
【出演】ジャン=マルク・バール ティーチイン
※チケット発売は10月15日(日)から。 詳細は東京国際映画HP:http://2017.tiff-jp.net/ja/
 
※WOWOWオリジナルドキュメンタリー ノンフィクションW「ドルフィン・マン ~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ」
11月26日(日)夜8:30 [WOWOWプライム]にて放送
 {{cta('48cbc5ef-2469-4b18-9bb4-5aea6a464bd0','justifycenter')}}

TOP